おのぼりやす、おくだりやす 京都愛宕研究会BLOG

“あたごたろう”初登場
0
    先日紹介した“あたごたろう”の出番が早速やってきました。

    登場したのはこちら↓↓↓




    研究会の封筒です。

    今後、皆さまへの郵便物は“あたごたろう”が運んでくれます。

    皆さまのご自宅に“あたごたろう”が訪れる日まで、今しばらくお待ちください。
    | 事務局 | 事務局通信 | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
    “あたごたろう”誕生!
    0
      京都愛宕研究会マスコットキャラクター「あたごたろう」

      このほど、研究会のマスコットキャラクター“あたごたろう”が誕生しました。

      “あたごたろう”は、伊達政宗の家臣・片倉小十郎が京都の白雲寺(愛宕山に建立された寺院=明治初年の神仏分離令にともなう廃仏毀釈により破却)に奉納した絵馬の図像をモチーフとしています。

      今後は、研究会活動などにもどんどん登場していきますので、どうぞよろしくお願いします。

      | 事務局 | 事務局通信 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
      2013年初仕事
      0
        皆さま、あけましておめでとうございます。

        2013年元旦の本日、愛宕山麓に位置する嵯峨清滝へ

        東日本大震災復興支援イベント
        「みちのくに愛宕天狗が舞い降りる」

        の告知看板取り付けに行ってきました。

        今日は天気にも恵まれ、早くも、初登山に向かわれる方がたくさんおられました。

        看板は愛宕初登山・愛宕神社へと初詣に向かわれる参道、

        ニの鳥居をくぐったあたりに設置しました。

        大勢の方々の目に留まり、多くの参加者があると良いのですが・・・。

        1000円で楽しんで、心の支援を!
        (イベント詳細は京都愛宕研究会ホームページをご覧ください)




        (写真)イベント告知看板と設置風景


        (U・H)
        | 事務局 | 事務局通信 | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
        みちのく調査の旅 Part1 イノシシにまたがる烏天狗
        0
          3月9日から12日の3泊4日で、Dカメラマンと一緒に東北地方のあたごさん
          の調査に出かけてきました。

          まず、初日は京都の愛宕神社の本殿裏に掲げられている絵馬の下絵を所蔵し
          ている宮城県図書館へ行きました。

          今回は、本格的な写真撮影の依頼と資料確認の事前調査をおこないました。
          お訪ねしたところすでに大きな部屋に資料を広げ、準備をしていただいてい
          ました。

          早速資料の計測、資料の状態の確認後、Dカメラマンに写真撮影をしていた
          だきました。

          京都愛宕神社本殿裏に掲げられている片倉小十郎重綱奉納絵馬

          片倉小十郎重綱奉納絵馬宮城県図書館所蔵
          上 京都愛宕神社本殿裏の絵馬 下 上の絵馬の下絵 (宮城県図書館)
           

          片倉小十郎重綱は、2代目白石城主 重綱は、のちに重長と改名(経緯はja.wikipedia.org/wiki/片倉重長やsengoku-neta.blog.so-net.ne.jp/archive/c2300304859-1など参照)。

          (U・H)
          | 事務局 | 事務局通信 | 22:43 | comments(2) | trackbacks(0) | - | -
          あたごさんの「おふだ」
          0
              あたごさんといえば、あの「火迺要慎」の「おふだ」を思うのはわたし
               だけでしょうか

             皆さんのご家庭でも貼られているのでは?

              この「おふだ」は、一般家庭以外にも、料理屋さんに貼られていたり、
               鍛冶屋さん(最近は職人さんがおられなくなりましたが)、陶芸家など
               火を扱う仕事場などに貼られていることが多いです。

              京都祇園祭の山鉾にも貼られているそうです。

              さて、昨日娘と昼ご飯を食べに、中京区の京町屋(粉屋さん)を改装し
               た中国料理店へ行ったとき、入口におくどさんがありました。
                 そのおくどさんには、豚まんが蒸してありましたが、その入口の柱に
             「おふだ」が貼られていました。

              火伏せの神様であるあたごさんの「阿多古祀符 火迺要慎」のおふだの
              ある光景などありましたら、是非投稿してください。

             お待ちしています。



             (U・H)
            | 事務局 | 事務局通信 | 16:14 | comments(2) | trackbacks(0) | - | -
            ごあいさつ
            0
               2012年は、京都愛宕研究会発足10周年という節目の年です。
               10年目にして、ようやくホームページが開設されました。
               世は、ツィッター、Facebookという時代ですが・・・。
               楽しみにしていただける情報発信をしていきたいと思っています。

               さて、あたごさんへは、嵯峨鳥居本の一の鳥居(平野屋さん)を起点に
               50丁(1丁は、109.09メートル・丁は町とも書きます)あります。

               江戸時代その道行には、かわらけ投げをして楽しんだり、
               愛宕名物しんこだんごを食べて疲れを癒すお茶屋さんが
               1丁ごとにありました。

               研究会発足10周年を記念して、2012年4月29日(予定)に、
               江戸時代の愛宕詣りに思いを馳せていただく企画を現在練っています。
               乞うご期待!!

               (U・H)
              | 京都愛宕研究会 | 事務局通信 | 18:00 | comments(1) | trackbacks(0) | - | -
                   12
              3456789
              10111213141516
              17181920212223
              24252627282930
              << September 2017 >>

              このページの先頭へ