おのぼりやす、おくだりやす 京都愛宕研究会BLOG

<< “あたごたろう”初登場 | main | 【映像紹介】東日本大震災復興支援プロジェクト >>
【会員通信】PART4 愛宕ケーブルについて
0
    「昔の方が楽だった」
     京都市内 西に聳える924mの愛宕山。山頂には全国愛宕神社の総本山京都愛宕神社が鎮座する。清滝の二の鳥居から登る表参道は、山頂の愛宕神社まで4.2kmの道のり。普通では約2時間30分の登山コース。特に三合目までは急な階段が続く、本当にしんどい山道。
     しかし70年前には、ケーブルカーがあって清滝から10分足らずの乗車で八合目まで楽に上がれたのです。
     愛宕山鉄道、鋼索線(ケーブルカー)は、清滝駅から山上の愛宕駅までの2.1km、(開業当時では日本最長距離)を約10分で結んでいた。開業は1929年(昭和4年)7月26日、愛宕千日詣りに合わせてのものだった。開業当時は人出が多く、乗るのに行列が出来ていた。そのため定員オーバーで、よく止まったと地元の方の話。
     山上駅の愛宕駅周辺は、当時の新聞に「地上の楽園」と称されるくらい、一大レジャーゾーンとして開発が進み、愛宕ホテル、愛宕遊園地やキャンプ場などが造られた。特に愛宕ホテルは山上にも関わらず風呂があったり、トイレも水洗式だったそうだ。
     しかし、にぎわった期間はわずかで、太平洋戦争終盤の1944年(昭和19年)戦況激化による「不要不急」で、鋼索線(ケーブルカー)は廃止、それに伴って愛宕ホテルや遊園地は撤去された。ほぼ同時期に造られた比叡山のケーブルカーやロープウエーは、戦後復活したが、愛宕山は復活することはなかった。
     昔は楽にお参りできた愛宕神社、今では自分の足で登らなければ神社にお参りできない。便利な時代だからこそ、苦労し登ってお参りする価値があるのでは。

     清滝二の鳥居を登り始めて民家を過ぎると、右手に愛宕ケーブル廃線跡が残っている。皆さんも今度、愛宕山に登るときにはこの廃線跡を見て、当時の華やかな時代に思いをはせてはいかがですか?


    当時のケーブル清滝駅
    電車の左に表参道が見える


    (K・H)
    | メンバー | 会員通信 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://blog.kyotoatago.org/trackback/12
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    このページの先頭へ