おのぼりやす、おくだりやす 京都愛宕研究会BLOG

<< 【映像紹介】京都から東北へ〜愛宕太郎坊に託す想い〜 | main | 【イベント報告】北摂・猪名川町の愛宕山を訪ねて−FW部会− >>
【イベント報告】綾部の愛宕山と秋葉神社を訪ねて−FW部会−
0
     11月17日(日曜日)、京都愛宕研究会フィールドワーク部会のイベントを行った。9回目を迎えての今回は、綾部市内にある愛宕山と井根山山頂にある秋葉神社を訪ねるイベント。
     心配していた天気も秋晴れで、集合場所のJR二条駅に7人の参加者が集まった。車で綾部に向かうが、京都縦貫でトンネルを抜けて亀岡に入るとすごい霧で速度規制がかかる。濃い霧も綾部市内に近づくにつれ、晴れてきて最高の天気となった。
     最初に訪ねたのはJR綾部駅から南に1.8kmにある標高160mの愛宕山。その山頂には坂本神社がある。資料によると、滋賀県大津坂本日吉神社から分霊を受け祀る。その後に京都市右京区嵯峨愛宕町の愛宕神社から分霊を受け祀る。毎年1月24日に火鎮式(ほしずめしき)が行われ、火災予防と家内安全を祈願する火祭りで、消防所関係者や地元の参拝者で賑わうそうだ。登山道には旧参道と新参道があり、我々は旧参道から登り、新参道を下るコースにした。
     旧参道は民家の横から続き、石の鳥居には坂本神社と書かれたへん額が掲げられている。鳥居をくぐり、苔むした急坂は滑りやすく皆慎重に足を進める。そんな道も15分ほどで山頂の坂本神社に着く。鳥居をくぐると広場となり正面に大きなお社がある。探索も終わり集合写真を撮る準備をしているとき、お社屋根裏に大きな絵馬を発見。よく見ると、多くの民衆が踊っているような絵が残っていた。下山は車も通れる林道のような新参道を下った。
     次の目的地は、ここから東へ3km。車で10分ほどの距離。由良川にかかるR173の新綾部大橋のたもとにある井根山公園駐車場が、山頂の秋葉神社登山口となる。標高160mの井根山は綾部千本桜で有名なところで遊歩道も整備されている。色付いた紅葉を見ながら山頂へと進む。残念ながら秋葉神社のお社は修繕中で解体されていた。この場所で時間は12時。みんな思い思いの昼ごはんと暖かいカップ麺。この後展望台から綾部市内を一望、秋の1日を楽しんだ。15時にJR二条駅に戻り、無事解散となった。
     


    (K・H)
    | メンバー | イベント報告 | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://blog.kyotoatago.org/trackback/20
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    このページの先頭へ